サイト紹介

このサイトは職業訓練制度を紹介を目的としたサイトです。
私自身がこの制度を受けて就職した経緯も踏まえて、訓練を受けることのメリット や訓練がどんな様子だったかなどを書いてみました。
職業訓練に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kunrenkatsuyou■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

制度の紹介

就職のための訓練・支援内容

ハローワークについて

体験記

体験記-試験編-

体験記-訓練編-

体験記-ハローワーク編-

訓練を申し込む

クラスメイトの様子



クラスは自由な雰囲気だった

 私の受講したコースには全部で大体20人程で3分の2が男性で3分の1が、女性でした。
(ただしネットで調べたところでは機械製図のコースの場合は女性の方が多いケースもあるそうです)
 年齢は全員の年齢を訊いたわけではないのですが、確か一番上が40歳半ばで一番下は21歳だったと思います。私は年が下の方でした。講師の方の話によれば、代によっては60歳の人が受講していたこともあるそうです。
 職歴もばらばらでそれまで自営業をしてた方や、工場で作業していた方、大学を中退してフリーターをしていた方もいました。
 特に訓練校の規律に触れるようなマナー違反するような人はおらず、和気藹々な雰囲気で授業を受けていました。

 訓練校では人間関係で悩むことはあまりなかった、というか友達を作るのも作らないのも自由な雰囲気だったので、基本的に人見知りな私は必要なところ以外では大体1人で過ごしていました。それでも特に支障なく最後まで通っていました。
 ただ支障はなかったのですが、私と違って積極的に交流できる人の方が通ってて楽しいのはもちろん、授業中もお互い気軽に教えあったりできるのでその方がいろいろメリットはあったと思います。

 一方で、仲がいいのが行き過ぎて、悪い意味でみんなが足並み揃えて行動することもあり得るのでその辺のさじ加減を考えることは重要だなと思います。
 実際に「周りがそんなに訓練や就職活動をがんばっていないなら自分もやんなくていいか」という考えを訓練生が持つことを心配していると講師の方が漏らしていたのを聞いたことがあります。

 こういった感じの所だったので(行ったことがないのであれですが)中学や高校というよりは大学に近い雰囲気の場所だったと言える気がします。
 積極的に人間関係を作っていた人もいましたし、私と同じように少し距離をとって過ごしていた人もいました。
 ただコースによって共同作業の訓練の頻度が多いなど、人間関係が密なところもあると思うので一概にこうだとは言えませんが。