サイト紹介

このサイトは職業訓練制度を紹介を目的としたサイトです。
私自身がこの制度を受けて就職した経緯も踏まえて、訓練を受けることのメリット や訓練がどんな様子だったかなどを書いてみました。
職業訓練に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kunrenkatsuyou■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

制度の紹介

就職のための訓練・支援内容

ハローワークについて

体験記

体験記-試験編-

体験記-訓練編-

体験記-ハローワーク編-

訓練を申し込む

ハローワークの様子



 このサイトで扱う職業訓練のテーマとは少し離れますが、
この項目では、就職活動中に利用したハローワークがどんな感じだったか、自分の体験したことをもとに書いていこうと思います。

 私は就職活動する上で、これまで場所の違う2つのハローワークに行ったことがありますが、当然場所によって広さが違ったり、または職員の方の数が違っていました。
 しかし当然のことですが窓口の位置や求人検索の端末の配置の仕方など基本的な所は同じでした。


入り口

 まず入ってすぐに簡易的な窓口があり、そこに職員の方が2人程立っています。
 利用する人はそこで職員の方に何の用件で来たのか伝えます。
するとどこにあるどの窓口に行けばいいのか等教えてくれます。

 求人の検索が目的だと伝えると、求人検索の端末に付けられた番号が書かれた札を渡されます。
 利用する人はその番号の端末を利用することができます。
ハローワークには大体数十台の端末がずらっと並べてあり、そこでは求職目的の人が真剣に検索しているのが見られます。
 ちなみにハローワークでは端末の利用時間が(そこまで強制的ではありませんが)決められており、それを過ぎると端末の画面に通知が出ます。


 また求職の応募や就職相談が目的な場合は、入り口の窓口で郵便局みたいに整理券を渡され、呼ばれるまで待つ人用の席で待ちます。
 自分の番になると、番号が呼ばれ求職の応募や就職相談の窓口に案内されます。
どのくらいの早さで呼ばれるかは混み具合によってかなり違います。早く求人応募したいのに混んでいるとなかなかイライラすることもありますし、すぐに呼ばれるとラッキーな気分になります。



窓口

 窓口に行くとお互いに簡単に挨拶をして、利用する人は何の目的で来たのかを職員の方に伝えます。
そこから目的に応じて職員の方に対応してもらいます。
 ハローワークの職員の方には男性・女性、また年配の方や若い方等様々な人がいるので、
同じ内容で求人応募や相談をしても職員の方によってそれぞれ微妙に対応が違っていて、なにか窓口に行くたびに新鮮な気分になりました。
 また人によってはアドバイスも異なるときがあり、私は機械製図に関係する求人を応募するためにかなり頻繁に通っていたのですが、その時対応してくれた職員の方が元機械メーカーで働いていた人で、それまでになかったアドバイスを頂いたりしました。

 当然ハローワークは就職するという目的の場所だとは思いますが、そういうちょっとした人との関わり合いを持つ場所でもあるなと通っていて思いました。

 あと通っていて良いなと思ったのは、ほとんどの職員の方が親切だったということです。
ハローワークには結構な回数通いましたが職員の方の応対で不愉快な気分になったことは一度もありませんでした。
 もちろん例外的な人もいると思いますが、私が通っていた時にほとんどの人がきちんと対応してくれたことは今でも感謝しています。