サイト紹介

このサイトは職業訓練制度を紹介を目的としたサイトです。
私自身がこの制度を受けて就職した経緯も踏まえて、訓練を受けることのメリット や訓練がどんな様子だったかなどを書いてみました。
職業訓練に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kunrenkatsuyou■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

制度の紹介

就職のための訓練・支援内容

ハローワークについて

体験記

体験記-試験編-

体験記-訓練編-

体験記-ハローワーク編-

訓練を申し込む

高度職業訓練の申込み




高度職業訓練は訓練校に直接申し込む

 高度職業訓練は職業訓練の名前がついていますが、基本的に大学に似た印象ですし実際に訓練校関者の方がそういう風に言ってた記憶もあります。
早期に就職というよりはその分野のスペシャリストを育成するのを重点に置いているみたいです。

 申込みもハローワークを介さず、専門課程・応用課程については大学入試の様に願書を請求・提出し試験を申し込みます。
 専門課程については募集時期・入校時期も普通の大学と同じ感じで、 全てのコースが4月入校で願書受け付け機関も12月から1月まで(各施設で若干違う)です。
 応用課程については専門課程を終えた人が対象のためか4月入校で願書受付期間が入校年の前年6月末から7月初めになっています(平成26年度)。

 申込が終わったら選考試験を受けて合格した場合は4月に入校という流れになります。

 ただ、先にも書いたとおり願書受付期間が施設で違ったり、年度によって変動する可能性もあるするのでしっかり確認する必要があると思います。



専門短期課程の申込方法

 専門短期課程については、ハローワークを介さず直接各訓練校の所定の申込用紙(施設によってはホームページからダウンロードできることもあるみたいです)に必要事項を書き込み、郵送・FAX等訓練校の指示する方法に従い提出します。
 この課程に関しては試験はありません。ただ、募集人数が上回ると先着順で受講できる・できないが決まります。

 また私が受講した時は、用紙提出後に本人確認と受講の意思を電話で訊かれました。
あと2~5日程度の講義とはいえ公共職業訓練には変わりないのでキャンセルする場合も電話1つではキャンセルできません。
 所定の用紙に必要事項を書き提出する必要があります。
場合によっては定員不足で中止になることがありますが、そうでない場合は受講票と講義の日時・場所、受講に必要なものが書かれた紙が封筒で送られてきます。

※尚応用短期課程については経験もなく手元に資料もないのでここでは割愛しています。すみません。