サイト紹介

このサイトは職業訓練制度を紹介を目的としたサイトです。
私自身がこの制度を受けて就職した経緯も踏まえて、訓練を受けることのメリット や訓練がどんな様子だったかなどを書いてみました。
職業訓練に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kunrenkatsuyou■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

制度の紹介

就職のための訓練・支援内容

ハローワークについて

体験記

体験記-試験編-

体験記-訓練編-

体験記-ハローワーク編-

訓練を申し込む

職業訓練のメリット



 この項目では実際に訓練(普通職業訓練・短期課程)を受けた上で私が思う、就業のために職業訓練校で訓練を受けるメリットについて書きたいと思います。



就業に必要な能力が身に付く

 職業訓練校では就業するにあたって必要である、その分野の極めて実務的な知識・技術を教えてくれます。
 授業の内容は学問的な知識というより、今後実際の業務において必須な知識・技術を重点的に教えている感じでした。
 また訓練校の大体の講師がその分野での現場経験者でしたので、そういう方たちにすぐに訓練や就職に関して質問や相談をできるのでとてもいい環境になっています。

キャリアの形成

 職業訓練校で教育を受けたということは立派なキャリア・経歴になります。
訓練期間6ヶ月の普通職業訓練・短期課程ぐらいでは大してつぶしは効かないという話も聞いたことはありますが、それでも何の経歴もない場合と比べれば圧倒的に差ができます。
 実際に私が就職した企業の人事担当の方も、最低でも職業訓練校か何らかの機関で基本的な教育を受けていない人は最初から採らないと仰っていました。
 もちろん企業によって様々な採用基準があるので経歴のない人は100%採用されないとは断言できませんが、それでも何らかの経歴がある人の方が有利なことは間違いありません。

受講料が無料、もしくはとても安い

 どこの訓練施設でも普通職業訓練・短期課程の受講料は無料(教科書・作業着代などは除く)です。
他の長期の課程についても有料であるにしても、民間の教育機関と比べれば授業料はとても安いです。なのでそこまで大きな経済的な負担をせずに教育を受けることができます。

受給の条件を満たせば訓練期間中給付金をもらえることもある

 私は実家から通っていたので実際に利用したことはありませんが、
ハローワークから斡旋された早期の就業を目的にした普通職業訓練を受講する場合、申請が認められれば訓練期間中、雇用保険の給付を延長してもらったり、あるいは1世帯の収入が低い等の特定の条件を満たした人については職業訓練受講給付金をもらえることもあるそうです。
 申請が認められるかどうかはハローワーク等の公的機関の裁量次第みたいなので絶対とは言えませんが、もし認められれば事情があって生活が苦しい方でも、訓練期間中働かずに集中して訓練を受けることができます。

うまくいけば数ヶ月で就職できる可能性もある

 これは職業技能を更に高める目的で訓練を受ける人ではなく、なるべく早期に正社員として就職したい方向けの話です。
 もし普通職業訓練の短期課程で、尚かつそこまで高待遇の企業でなくていい場合、
その分野の業務が未経験の人でも訓練期間数ヶ月で内定を取れる可能性はあります。(もちろんその人の経歴・職歴・年齢にもよって可能性の大きさは違ってきます。当然就職活動に対する努力もかなりした上での話です)
 私がいた訓練校では入校3ヶ月目で基礎実習が終わり、その時期かまたはその少し前の時期から、訓練校に通いながら自主的に就職活動をすることを強く勧められてました。
 講師の方の話では毎年最後日の6ヶ月目までのこる訓練生はわずかで、大体の人は期間内で内定を取るそうです。
 実際私の代でも5ヶ月目までに、20人程いたクラスの9割近くがそれぞれ内定を取りました。
私自身も4ヶ月目で内定を頂きました。
 私自身は学歴も実務経験もない人間だったので、応募しても書類選考でかなりの回数落ちましたが、それでもなんとか数社面接選考まで行き、内定を取ることができました。

 こういう風に、立派な学歴・経歴がなくても、訓練校に入って懸命に就職活動に励めば数ヶ月で正社員の身分になれる可能性はあります。こういった早期に就業できるようになるのも職業訓練の大きなメリットだと思います。